GLASS ART







Gallery   プロフィール   工房概要   アクセス   ご注文   お問い合わせ   ニュース   体験   展覧会情報   TOP
       Gallery 







頌峰 オフィシャル
 鹿児島県
 伝統的工芸品指定
Gallery
 薩摩切子
猪口
冷酒器
ロックグラス
徳利
酒器揃
花器
大皿
デキャンタ
お茶道具
箸置
 切子
ぐい呑・ロックグラス
薩摩切子の歴史
切子ができるまで
包装ついて
用語解説
講師依頼
求人情報
ご注文
お問い合わせ
0120‐960‐310
展示会情報

切子体験

 
Kiriko Experience
取材のご依頼について

ガラス工房舞硝

(頌峰 /アトリエ・ギャラリー)
〒892-0875
鹿児島市川上町1965
TEL 099-244-7515
- 頌峰の切子は 古薩摩切子を源流に古典を生かし創られる -
数少ない 「作家物」 のカットグラス作品
峰 作  SHOHO STYLE         
      






S H O H O
 2016  頌峰作 薩摩切子 大皿 「 花やか美 」 緑   
φ260×H63
『ものがたり』
底に平面的段差で彫り描いた「ファセット」 と呼ばれる表現。
これ以上ぼかせないほどのグラデーション「頌峰ぼかし」と、一葉一葉、神経を研ぎ澄まし、
一発勝負で刻んで、ふわっと浮き出る桜。今までの花やかから進化させ、新流の風を吹き込んだ。


ご予約にて、同じデザインの同品に近い作品を承ります (価格同じ)
(※ 大物作品ではその時々で、オリジナリティーを生かし、少しデザインが一点一点、異なります)











S H O H O
 2016  頌峰作 薩摩切子 大皿 「 自分と手をつなごう 」 緑   
φ260×H63
『ものがたり』
(実体感)
展覧会前のある日、作品創りに行き詰まりを感じ、見出せない時だった。
どこかグッと、底から湧き出る希望を胸に、その時のそのままの心境、気持ちを、彫り描いた。
その時の心境では、希望の心を描いた。右と左では良く見ると対象的である。
左側は網代(あじろ)編みを削り込み、まるで自分の心の中で夢や希望が、迷路で解けない陰の要素。
右側は、宇宙の彼方から放つ、光の陽のエネルギー、輝かしい星である。
「本当の自分と手をつなごう」 行き詰まりを感じ、編み出した作品です。
何かを生み出すとは、という事を学んだような気がする作品にもなったと思います。
色厚をふんだんに生かした、その成果は、透明、緑と、そのほかに陰(いん)がプラスに転じて重厚感を引き出す、
黒い影が生まれた。黒色である。作家 頌峰(しょうほう)は、これを 「もうひとつの色」 と呼んでいる。
作家自身がこの作品も 「頌峰ぼかし」 をふんだんに生かし取り入れ、切り込んだ逸品です。


ご予約にて、同じデザインの同品に近い作品を承ります (価格同じ)
(※ 大物作品ではその時々で、オリジナリティーを生かし、少しデザインが一点一点、異なります)











S H O H O
 2016  頌峰作 薩摩切子 大皿 「 寄り添い 」 紫   
φ260×H63
『ものがたり』
 社会での人との関わり、その原点でもある、家族をイメージして制作した。
 まるで、押したり、引いたり、やさしく話したり、おしくらまんじゅうのように描いた皿底の曲線のハーモニー。
そして内側に描いた3匹の蝶が楽しく、「寄り添い」 語り明かし、会話している。
花ぶちの紋様と引き締まったいくつも繋がる千本掘り。煌びやかな逸品です。


(※ 大物作品ではその時々で、オリジナリティーを生かし、少しデザインが一点一点、異なります)











S H O H O
 2007  頌峰作 薩摩切子 大皿 「 花やか 」 金赤   
φ260×H63
桜の花文様の華麗さと 「頌峰ぼかし」 がエレガント
底に 「ファセット」 と呼ばれる文様と側面の六角籠目文様。 芸術性と鍛錬された技でしか生み出せない逸品です。


ご予約にて、同じデザインの同品に近い作品を承ります (価格同じ)
(※ 大物作品ではその時々で、オリジナリティーを生かし、少しデザインが一点一点、異なります)







【共箱とは】  作家自身が木箱などに作品名を手書きで書き記した箱を 「共箱」 と言います。
※ 税込み価格にて表示しております。
※ 色につきましては、手作りのため、発色上、画像と少し異なる場合がござます。 ( 特に 「金赤 ・ 紫 」 )
※ 大きさは、表示寸法と少し異なる場合がござます。 予めご了承くださいませ。




薩摩切子 猪口 冷酒器 ロックグラス 徳利 酒器揃 花器 大皿 デキャンタ お茶道具 箸置
切子   ぐい呑・ロックグラス




ご注文はコチラから(通話料 無料)
0120 - 960 - 310
 鹿児島県伝統的工芸品指定














Gallery 用語解説 お問い合わせ 取材のご依頼について
プロフィール 包装について ニュース T O P
工房概要 講師依頼
薩摩切子の歴史 交通アクセス 求人情報
切子ができるまで ご注文・お支払い 切子体験  Kiriko Experience





           本サイトは、 「 ガラス工房 舞硝 」 のサイトです。 全てのぺージにおいて 画像 ・ 作品 の著作権は 「 ガラス工房 舞硝 」 に帰属します。
           よって無断での 転載 ・ 複製 ・ 二次利用 は禁止させていただきます。


copyright (c) 2004−2021  Busho‐Inc  All Rights Reservd.